ソーラーパネルの種類

ソーラーパネルの種類ってどうなってるの?

ソーラーパネル太陽光発電のQ&A

屋根の上でお日様の光を浴びて電気を生み出すソーラーパネルは、一見どれも同じように見えます。でもいろいろな種類があるってご存じでしたか。メーカーもさまざまで、導入を希望する方には選択肢が多々あります。まずは種類など、ソーラーパネルについて少し詳しく学んでみませんか。

 

ソーラーパネルには大きく分けて2つの種類があります。ひとつが結晶型、もうひとつが薄膜型です。ソーラーパネルは太陽光モジュールと呼ばれており、セルがきれいに並べられたプレート状のパネルを屋根の上に乗せ固定して使います。このパネルの原料で種類が分かれるのです。

 

ソーラーパネルにはシリコンを使用します。シリコンは光を当てると電子が飛び出し、電気が発生するという性質を持っているからです。シリコンを一度溶かし、原子が綺麗に整列した状態に結晶化させてつくるのが結晶型です。原子の整列がいかに規則正しいかで、電気が発生する効率がアップします。

 

薄膜型は薄い膜型にしたシリコンを、ガラスの基板の上に加工して作ります。結晶型よりも効率はよくないと言われていますが、最近は技術が向上しています。また耐熱性が良いので、その点でも高い評価を得ています。サンヨーではこの薄膜型をサンドイッチ構造にし、ハイブリッドタイプを開発して人気を得ています。

 

また最近ではこの2種類に加え、シリコン以外の化合物を使用した薄膜タイプも登場しつつあります。CIGS太陽電池などと呼ばれているものがそれです。ソーラーパネルは種類により発電効率や耐久性・価格なども変わってきます。導入する際はこの違いをよく見極め、より生活に合ったものを選びましょう。

 

ソーラーパネル太陽光発電のQ&A