ソーラーパネルを住宅に設置

ソーラーパネルを住宅に設置するには?

ソーラーパネル太陽光発電のQ&A

私たちの住む地球には、資源がもうあまり残されていません。また環境の汚染は日々深刻化しており、特に二酸化炭素量は見過ごす事の出来ない状態まで追い込まれています。そこでクリーンなエネルギーを使用し二酸化炭素の排出量を抑えることが、私たちの使命として提示されています。ひとりひとりが家庭でできることのひとつに、住宅向けの太陽光蓄電ソーラーパネルを設置するということがあります。

 

ソーラーパネルとはシリコンなどでできた薄い板で、太陽光を受けると電気を生み出す性質を持っています。こうして生まれた電気はCO2を排出しないクリーンな電気として、大変注目を集めています。大がかりな発電施設も必要とせず、災害などによる停電も関係なく電力を供給できます。現在ではさまざまなメーカーが住宅向けのソーラーパネルを開発・販売しています。

 

住宅用ソーラーパネルを製造販売するメーカーでナンバーワンのシェアを誇っているのは、シャープです。シャープのソーラーパネルはセキスイハイムや積水ハウス・ダイワハウス・三井ホーム・住友林業など主要住宅メーカーが採用している事でも知られています。

 

しかし今までの住宅向けソーラーパネルには、電気を貯めておくシステムがありませんでした。これからは蓄電できるソーラーシステムが必要と言われています。すでに大和ハウス工業ではエリーパワーの蓄電システムとシャープの太陽光発電を合わせたソーラー蓄電システムを住宅向けに発売しています。今後はますます住宅向けソーラーパネルが進化していくことでしょう。

 

ソーラーパネル太陽光発電のQ&A